web制作の仕事の流れ

web制作はヒアリングと設計から始まる

web制作の仕事はどのようなwebを構築するかを設計することから始まります。クライアントサービスとしてweb制作をするときには、クライアントに対するヒアリングから始めるのが基本です。webを作って何をしたいのかを具体的に聞き、目的を明確にしてweb開発の方向性を考えていきます。ECサイトを経営したいのか、自社サービス提供のためのプラットフォームが欲しいのか、オウンドメディアの運営をしたいのかといったように、クライアントによって希望する内容が異なります。それに合わせてどのような設計をするかを考えてクライアントに提案するのが最初の段階です。細かな仕様について打ち合わせを進めていき、具体的な設計ができたら次の段階に進みます。

開発からテストを経て納品

web制作では設計ができたら見積もりを出し、契約をして実際に開発に入ります。web開発ではウェブディレクターが中心になり、エンジニアやプログラマー、ウェブデザイナーやイラストレーターなどのさまざま専門職のスタッフがサイトや素材の制作を進めていくのが一般的です。webとしての機能を付与する役割を果たすのがエンジニアとプログラマーで、コーダーが記述することにより完成させるのが基本となっています。そして、試作品ができたらテスト実装をしてどのような形に仕上がったかをクライアントに見てもらいます。クライアントが満足しないこともあるので、要求を聞いて適宜修正をおこない、クライアントが納得したら実装して納品するというのがweb制作の流れです。

webサイト構築はサイトを完成させた時点で終了ではありません。サイトのリリース後、システムエラーなどの急なトラブルが起きる可能性もあるため、迅速な対応が行えるように準備を整えておく必要があります。