webデザイナーの仕事内容

構成やレイアウトを決定する

ウェブデザイナーの仕事内容というと、ウェブサイトの配色やロゴの配置などデザインだけを行うイメージがありますが、実際にはデザイン以外の仕事もたくさん行います。発注を受けて最初に行うのが、構成とレイアウトの決定です。構成やレイアウトは、単にデザイン性の高さだけでなく、全体のボリュームや操作性なども考慮して決定しなければなりません。デザイン能力とともに、ユーザーインターフェースに関する知識も必要になります。そのため、ウェブデザイナーを目指している人は、デザイン能力だけでなくユーザーインターフェースの知識も身につけておくのがベターです。構成やレイアウトが決まったら、それを踏まえサイトのデザインを行います。

コーディングもウェブデザイナーの仕事

レイアウトや構成に基づき大まかなデザインが決定してクライアントのOKが出たら、次にコーディングを行います。そのため、HTML、CSS、JavaScriptなどの言語の知識が必要です。コーディングは根気と集中力が求められる地道な作業です。また、ウェブデザイナーの仕事はパソコン作業が多いと思われがちですが、クライアントとの打ち合わせも多く人と会うのも仕事の一環となります。ヒアリングやプレゼンなどコミュニケーション能力も必要となるでしょう。大きな制作会社ではそれぞれの役割がきっちり決まっていますが、小さい制作会社やフリーランスのウェブデザイナーは業務範囲が広くなります。就職や転職の際には、面接で仕事内容を確認しておくのが賢明です。