web制作とは何か

web制作とはWebの機能を活かしたサイトの制作

web制作とはWebの機能を活用したインターネットサイトの制作を意味します。ホームページを制作するのとほとんど同じ意味で用いられていますが、web制作と表現するときにはweb開発を伴うのが一般的です。web開発とはPHPやJava、Javascriptなどのプログラミング言語を使用してプログラムを組み込むweb制作を指します。ブラウザ上で動作するアプリケーションを入れたり、商品や記事などのレコメンドをするエンジンを組み込んだり、ユーザーの情報を取得したりするのが典型的です。このようなWebの機能を引き出して上手に活用していくことにより、ただ固定された情報をページ上に表示するだけでなく、ユーザーの期待に的確に応えられるWebサイトを作り上げることができます。

web制作にはWebプログラミングが必要

web制作をするためにはWebプログラミングを取り入れることが必要です。ホームページ制作であればコンテンツを作り上げるだけでも問題はなく、最終的にHTMLのコーディングができれば完成させることができます。しかし、webの機能を生かすためにはWebプログラミングが必須です。エンジニアやプログラマーのスキルがweb制作には必要で、現場では中心的な役割をになっている傾向があります。しかし、プログラミングができる人材がいるだけでもweb制作はできません。CGやイラスト、動画などのクリエイティブを制作し、美しくデザインすることも必要だからです。このようなサイト制作に関わる総合力を求められるのがweb制作の特徴で、専門会社に依頼するケースが多くなっています。