web制作で求められるスキル

必要スキルは多岐にわたっている

web制作で求められるスキルは一つや二つではありません。web制作にはサイトを構築するための全てのスキルが必要になるからです。インターネットサイトを作ってブラウザ上で表示できるようにするためにはコーディングのスキルが不可欠です。webサイトとしての機能を付与するためにはプログラミングスキルが求められます。さらにコンテンツを作成するためにはイラスト制作、CG制作、動画制作などの能力が必要で、文章を書くためのライティングスキルもなければサイトは完成しないでしょう。さらに、全体を整った形に仕上げ、ユーザーエクスペリエンスを向上させるためのデザインスキルも欠かせません。このような総合的なスキルが求められるのがweb制作です。

チームをまとめるスキルも必要

web制作には多岐にわたるスキルが求められるため、一人でできるものではないのが普通です。稀に一人で全てを担える人もいるのは確かですが、一般的には複数のスキル保有者が集まってチームになってweb制作を進めていきます。デザイナー、コーダー、プログラマーなどが集まり、さらにライターやイラストレーターなども協力することでweb制作をすることが可能です。このようなチームをまとめ上げるスキルを持つ人材も求められます。一般的にはディレクターが担当していて、チームのマネジメントスキルが必要になるのが特徴です。マネジメントスキルの良し悪しによってwebサイトの完成度にも大きな違いが生じるため、重要な役割を担う人材となっています。