webディレクターの仕事内容

webサイト制作のリーダー的存在

webディレクターは、webサイトを制作するチームを率いる立場の職種です。ディレクターの上司にあたる存在としてプロデューサーがいる場合もありますが、ディレクターが最高責任者のひとりと考えて差し支えありません。webディレクターは、制作予定のwebサイトの基本的な設計から具体的な構築まですべての段階に関わります。インターネットへの公開が終わったあとの更新作業にも関わる場合もありますが、公開された時点で後任者に交代する事例もあります。webサイト作成にはデザイナーやエンジニアなど複数のスタッフが関わるので、責任者であるディレクターは個人として豊富な知識や経験を持つだけではなく明確な指示などチーム運営でも手腕を発揮しなければいけません。

人の話を聞くことが大切な場面もある

webディレクターはweb制作の責任者であるため、基本的には指示を出したり方針を決めたりすることが仕事になります。しかし、常に自分の考えで動けるとは限りません。制作の現場では顧客の依頼を受けてwebサイトを制作する業務も多く、この場合は顧客の話を聞くことが最優先になります。どのような目的でwebサイトを制作するのか、どのような機能が欲しいのか、打ち合わせを重ねて設計を明確にする流れが一般的です。仕事を依頼した顧客が明確なイメージを持っているとは限らないので、webディレクターは相手の話をふまえて提案するような姿勢も求められます。予算の都合により相手の希望をすべて取り入れられない事例もあるため、満足度を高める調整能力も必要です。